『 千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル in 軽井沢』     発売中
ピアノ:山洞 智    
 
 
画像クリックで 別ページに 拡大可能な画像が表示されます。
 
                          • ■プログラム
                          •  
                            J.S.バッハ   アリオーソ 
                            ベートーヴェン アダージョ・カンタービレ~「悲愴ソナタ」より         
                            ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」

                            ラフマニノフ?  パガニーニの主題による狂詩曲より 第18変奏
                            ラヴェル    亡き王女のためのパヴァーヌ 
                            ショパン?    夜想曲 第2番 
                            ショパン?    夜想曲 第20番遺作 
                            ショパン    ??別れの曲 
                            岡野貞一/山下康介 ?もみじ 
                            山田耕筰/朝川朋之 ??この道
                            アイルランド民謡/クライスラー? ロンドンデリーの歌 
                            モンティ??    チャルダッシュ 
                          •  
                          •  *曲目が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
 
【千住真理子】
Mariko Senju (Violin)

 2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶應義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。
1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。
1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。
2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
2015年はデビュー40周年を迎え、1月にイザイ無伴奏ソナタ全曲「心の叫び」、2月にはバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でるアルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年はブラームス没後120年記念「ドラマティック・ブラームス」をリリース、また全国でスーク室内オーケストラとツアーを行い、好評を博した。
 
 コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)「歌って、ヴァイオリンの詩2」「ヴァイオリニストは音になる」(いずれも時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「命の往復書簡2011~2013」(文藝春秋社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。

【 山洞 智 】
(さんどう・さとし / Satoshi Sando)

 4歳からピアノを14歳から作曲を学ぶ。1993年東京芸術 大学大学院修了。90年大学より安宅賞受賞。91年第60回日本音楽コンクール作曲部門首位、あわせて安田賞受賞。その後フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にてさらに研鑽を積む。
 作曲と演奏の双方にわたり活動を展開、また両者をつなぐ新曲の初演も多数。ピアニストとしては独奏以外でも、とくに室内楽分野で内外のトップアーティストの共演者として絶大な信頼を寄せられている。
97年8月に帰国。98年8月には国際交流基金派遣で南米ブラジル、アルゼンチンの各地まで演奏旅行にでかける。
 現在、東京音楽大学准教授、東京芸術大学非常勤講師。

■プログラム
J.S.バッハ:アリオーソ 
ベートーヴェン:アダージョ・カンタービレ~「悲愴ソナタ」より
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」


ラフマニノフ?:パガニーニの主題による狂詩曲より 第18変奏
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 
ショパン?:夜想曲 第2番 
ショパン?:夜想曲 第20番遺作 
ショパン:別れの曲 
岡野貞一/山下康介:もみじ 
山田耕筰/朝川朋之:この道
アイルランド民謡/クライスラー?:ロンドンデリーの歌 
モンティ??:チャルダッシュ 
*曲目が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

【千住真理子】
Mariko Senju (Violin)
 
 

2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶應義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。
 
1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。
1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。
2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
2015年はデビュー40周年を迎え、1月にイザイ無伴奏ソナタ全曲「心の叫び」、2月にはバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でるアルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年はブラームス没後120年記念「ドラマティック・ブラームス」をリリース、また全国でスーク室内オーケストラとツアーを行い、好評を博した。
 
 コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)「歌って、ヴァイオリンの詩2」「ヴァイオリニストは音になる」(いずれも時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「命の往復書簡2011~2013」(文藝春秋社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。

 
【 山洞 智】
(さんどう・さとし / Satoshi Sando)
 
 

 
 4歳からピアノを14歳から作曲を学ぶ。1993年東京芸術 大学大学院修了。90年大学より安宅賞受賞。91年第60回日本音楽コンクール作曲部門首位、あわせて安田賞受賞。その後フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にてさらに研鑽を積む。
 作曲と演奏の双方にわたり活動を展開、また両者をつなぐ新曲の初演も多数。ピアニストとしては独奏以外でも、とくに室内楽分野で内外のトップアーティストの共演者として絶大な信頼を寄せられている。
97年8月に帰国。98年8月には国際交流基金派遣で南米ブラジル、アルゼンチンの各地まで演奏旅行にでかける。
 現在、東京音楽大学准教授、
  東京芸術大学非常勤講師。
 

発売中
☆ SS席 完売いたしました。 
 
会 場
?軽井沢大賀ホール

日 時
?2019年 9月14日(土)
   14:00開演 (13:30開場)
席 料
 SS席 5,500円
 S席 5,000円
 A席(立見席)2,500円
 ※ 全席指定・税込・未就学児入場不可  

 
 
S席 

A席 (立見席)  残りわずか
 
[全席指定・税込・未就学児入場不可]

◎オフィス・マユでご予約後の入金方法
郵便振替:
 口座記号・口座番号=00520-9-77326
 加入者名=オフィスマユ
 
銀行振込:
 八十二銀行県庁内支店
 普通預金 口座番号=31030
 口座名=オフィスマユ
 
※チケット代+送料100円の合計金額をご入金ください。入金確認後、チケットを郵送いたします。 
 振込手数料はお客様にてご負担くださいますようお願いいたします。

お申込み・お問合せ
 Tel.026-226-1001
 オフィス・マユ
 平日9:30?18:00

会 場  軽井沢 大賀ホール                     ( 税込・未就学児入場不可)
日 時  2019年9月14日(土)14:00開演 (13:30開場)
席種・料金  SS席 5,500円  S席 5,000円  A席(立見席)2,500円  ( 当日各席500円増)
  

※ 専用駐車場がございませんので、近隣の有料駐車場をご利用下さい。
※ 近隣の有料駐車場には限りがございます。満車の場合もございますので、できるだけ公共の交通機関をご利用下さい。
※ 周辺が渋滞の場合がございます。お時間に余裕をもってお越しください。

S席 

A席 完売いたしました。 

* SS席 完売いたしました。
 
    • オフィス・マユでご予約後の入金方法
    •  郵便振替:口座記号・口座番号=00520-9-77326 加入者名=オフィスマユ
    •  銀行振込:八十二銀行県庁内支店 普通預金 口座番号=31030 口座名=オフィスマユ
    •  ※ チケット代+送料100の合計金額をご入金ください。入金確認後、チケットを郵送いたします。 
    •   振込手数料はお客様にてご負担くださいますようお願いいたします。
    •  
    •  お申込み・お問合せ 026-226-1001 オフィス・マユ(平日9:30?18:00)
座席表