発売中

ウラジーミル・マラーホフが手がけたユーモア溢れる演出・振付

「コッペリア」全3幕 名門キエフバレエ学校 初来日公演 !

7月19日(日)15:00 長野市芸術館メインホール

今回上演する「コッペリア」全3幕は、1867年レオ・ドリーブ作曲の曲に、名実共に世界を代表するダンサーであり振付家でもあるマラーホフが、名門キエフ国立バレエ学校の2018年卒業公演のために振付した作品で日本初演です。 この学校の歴史は古く、国立劇場所属のアーティストの為のバレエスタジオとして1933年に設立。1941年に改名され今に至っています。
なお、日本人で初めてウクライナ国民芸術家として称えられる寺田宣弘氏が2012年から芸術監督を務めています。
世界的に活躍しているスヴェトラーナ・ザハーロワ、アリーナ・コジョカル、セルゲイ・ポルーニンなどの有名ダンサーを輩出、ワガノワのメソッドを受け継ぐ名門バレエ学校です。
ストーリーは機械じかけの人形を作る怪しげなコッペリウス博士が溺愛する〝人形コッペリア〟をめぐって、主人公のスワニルダとフランツ、博士が起こす勘違いの騒動の物語。
可愛らしいスワニルダの踊り、ミステリアスな人形たちのシーン、結婚式の華麗なフィナーレなど見どころがたくさんあり、子どもから大人まで幅広い層の皆様にお楽しみいただけるバレエです。

長野公演 7月19日 (日)

 
画像クリックで 別ページに 拡大可能な画像が表示されます。

あらすじ

舞台はポーランドの農村。明るい村娘スワニルダは村の青年フランツと恋人同士。
しかしフランツは、村の中心に建つコッペリウス博士の家で読書をしているコッペリアという美少女が気になっている。
その様子を見たスワニルダはやきもちを焼き、フランツと喧嘩をしてしまう。街に出かけるコッペリウス博士が落としたカギをスワニルダが見つけ、友人たちとコッペリウス博士の家に忍び込む。そしてコッペリアは人間そっくりな人形だったことがわかると、スワニルダはコッペリア博士に協力を頼み、フランツとの仲直りを試みる…?
勘違いが生むドタバタのラブコメディ、エネルギーあふれる民族舞踊、そして古典バレエの華やかさが詰まった「コッペリア」。
バレエ界のカリスマ、マラーホフの世界観と共にお楽しみください。

ギャラリー

長野公演

会 場 長野市芸術館メインホール
日 時 2020年 7月19日 (日)15:00開演 (14:30開場)
席種・料金 全席指定 6,500円(税込・3歳以下入場不可)
公演時間 2時間15分(休憩含)
演奏は特別録音テープを使用します。
            ※ 駐車場に限りがございますので、ご来場はできるだけ公共交通機関をご利用ください。

◇ オフィス・マユでご予約後のお支払い方法

 チケット代+送料100円(簡易書留をご希望の場合はチケット代 +404円)の合計金額をいずれかの方法でお支払いください。
 ご入金確認後、チケットを郵送いたします。
  振込手数料はお客様にてご負担ください。
  郵便振替:口座記号・口座番号00520-9-77326 加入者名=オフィスマユ
  銀行振込:八十二銀行 昭和通営業部 普通預金 口座番号=259369 口座名=劇団四季公演

長野公演

会 場
 長野市芸術館メインホール
日 時
 2020年 7月19日 (日)
    15:00開演 (14:30開場)
席種・料金
 全席指定 6,500円
(税込・3歳以下入場不可)


◇ オフィス・マユでご予約後のお支払い方法
 チケット代+送料100円(簡易書留をご希望の場合はチケット代 +404円)の合計金額をいずれかの方法でお支払いください。
 ご入金確認後、チケットを郵送いたします。
 振込手数料はお客様にてご負担ください。
 郵便振替:口座記号・口座番号00520-9-77326 加入者名=オフィスマユ
 銀行振込:八十二銀行 昭和通営業部 普通預金 口座番号=259369 口座名=劇団四季公演

座席割