第30回記念『ながのアスペン音楽祭』     発売中
~  N響メンバーによる木管アンサンブル ~
     
 
【 画像クリックで拡大表示 】

 
 
          【青山聖樹さんご挨拶】
200年以上前のヨーロッパ、豪邸の応接間や庭でハウスコンサートを開催、大オーケストラの響きを楽しむというアイディアから発祥したハーモニームジーク!
 
再び「若い音楽家を育てる為の」長野アスペン音楽祭にやって来ます。
N響メンバーによる管楽器アンサンブルで奏でる豪華なサウンド。
小編成の室内楽も交えて、昨年度のベートーヴェン交響曲第7番に引き続き、本年度は交響曲第8番をお楽しみください。
 
 
 
【青山聖樹さんご挨拶
 
200年以上前のヨーロッパ、豪邸の応接間や庭でハウスコンサートを開催、大オーケストラの響きを楽しむというアイディアから発祥したハーモニームジーク!
再び「若い音楽家を育てる為の」長野アスペン音楽祭にやって来ます。
N響メンバーによる管楽器アンサンブルで奏でる豪華なサウンド。
小編成の室内楽も交えて、昨年度のベートーヴェン交響曲第7番に引き続き、本年度は交響曲第8番をお楽しみください。
 
会 場  長野市芸術館リサイタルホール
日 時  2017年9月24日(日)14:00 開演 (13:30 開場)
席種・料金  一般 3,000円  高校生以下 1,000円 [全席自由・税込・未就学児入場不可]
 
 
          
 

 


◇ オフィス・マユでご予約後のお支払い方法
 チケット代+送料82円(簡易書留をご希望の場合はチケット代 +392円)の合計金額をいずれかの方法でお支払いください。
 ご入金確認後、チケットを郵送いたします。
 振込手数料はお客様にてご負担ください。
 郵便振替:口座記号・口座番号00520-9-77326 加入者名=オフィスマユ
 銀行振込:八十二銀行県庁内支店 普通31030 口座名=オフィスマユ

発売中
 
会 場
 長野市芸術館 リサイタルホール 
日 時
 2017年9月24日(日)14:00 開演 (13:30 開場)
席種・料金 
 一般 3,000円  高校生以下 1,000円
 [全席自由・税込・未就学児入場不可] 

 

◇ オフィス・マユでご予約後のお支払い方法
 チケット代+送料82円(簡易書留をご希望の場合はチケット代 +392円)の合計金額をいずれかの方法でお支払いください。
 ご入金確認後、チケットを郵送いたします。
 振込手数料はお客様にてご負担ください。
 郵便振替:口座記号・口座番号00520-9-77326
  加入者名=オフィスマユ
 銀行振込:八十二銀行県庁内支店 普通31030
  口座名=オフィスマユ

□ マスタークラス (高校生が対象です)   

  2017年9月23日(土)19:30〜15:30
  長野市芸術館
  集合場所:長野市芸術館リサイタルホール
  受講料:高校生1,000円(税込)
 ※ 参加ご希望の方は各高等学校の吹奏楽班顧問を
  通してお申込み下さい。

○ 講師
 フルート 甲斐雅之
 オーボエ 青山聖樹
 クラリネット 松本健司
 ホルン   水野信行
 ファゴット 佐藤由起
 コントラバス  今野 京

□マスタークラス (高校生が対象です)   

  2017年9月23日(土)19:30〜15:30
  長野市芸術館
  集合場所:長野市芸術館リサイタルホール
  受講料:高校生1,000円(税込)
 ※ 参加ご希望の方は各高等学校の吹奏楽班顧問を
  通してお申込み下さい。

○ 講師
 フルート 甲斐雅之
 オーボエ 青山聖樹
 クラリネット 松本健司
 ホルン   水野信行
 ファゴット 佐藤由起
 コントラバス  今野 京

【演奏者 プロフィール
  

◇甲斐雅之   Masayuki Kai         <フルート>  ★
東京芸術大学を経て同大学院修了。オーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院にて研鑚を積む。藤原勢子、三村園子、峰岸壮一、金昌国、中野富雄、P.マイゼン、M.コフラー各氏に師事。第61回日本音楽コンクール入選。オーケストラ活動のみならずソロや室内楽で活躍する他、各地の音楽祭などにも参加する。
東京音楽大学講師。アジアフルート連盟理事。NHK交響楽団首席フルート奏者。
 
 


◇青山聖樹    Satoki Aoyama       < オーボエ1 > ★
NHK交響楽団首席奏者、元フィルハーモニア・フンガリカ首席/新日本フィル首席奏者
幼児よりドイツで育つ。シュトウットガルト音大卒業。インゴ・ゴリツキー、北島章、小島葉子各氏にに師事。日本ではアンサンブルofトウキョウのソロ・オーボエ奏者として活躍する他、多数の音楽祭に出演。ソリストとしてフィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィル、KBS交響楽団、ソフィア・フィル等と協演。
アンサンブル of トウキョウ代表。武蔵野音楽大学教授。
  

 

◇和久井 仁    Hitoshi Wakui      < オーボエ2 >
オーボエを故似鳥健彦氏に師事し、1989年東京芸術大学入学。同校ではオーボエを小島葉子、小畑善昭の両氏に、また室内楽を故H・ピュイグ・ロジェ、中川良平、山本正治の各氏に師事。同大学を卒業後、東京佼成ウインドオーケストラに入団しオーボエ奏者とアシスタントコンサートマスター務めた。2001年4月からは愛知県立芸術大学音楽学部の専任講師として勤務した後、2004年4月にNHK交響楽団へ入団し、オーボエ&イングリッシュホルン奏者を務めている。
現在、東京芸術大学、桐朋音楽大学オーケストラアカデミーの非常勤講師。東京三鷹フィルハモニアのメンバーも兼任。
 


◇松本健司   Kenji Matsumoto    < クラリネット1 >   ★
国立音楽大学を経てパリ国立高等音楽院クラリネット科に入学。1997年にレオン・ルブラン特別賞を得て同音楽院を卒業し本格的な演奏活動を始める。国内外のコンクールにおいて上位入賞し2002年にNHK交響楽団に入団。現在、首席クラリネット奏者として活躍する他、国立音楽大学、洗足学園音楽大学、東京音楽大学において後進の指導にあたっている。
 
 


◇濱崎由紀   Yuki  Hamasaki        < クラリネット2 >  ★
東京芸術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学を卒業。同大学院修了。在学中、安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞。水戸室内管弦楽団、宮崎国際音楽祭、サイトウキネンフェスティバル等に出演。2002年第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門第3位。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師、芸大フィルハーモニア管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、クインテットアッシュのクラリネット奏者。
 
 


◇加藤明久        Akihisa Kato           < クラリネット3 >
1979年 国立音楽大学器楽学科に入学。クラリネットを大橋幸夫、浜中浩一の両氏に師事。在学中に東京クラリネット・アンサンブルに参加し、プロ活動を開始。1983年 国立音楽大学卒業。矢田部賞を受賞。第16回 民音室内楽コンクール第1位入賞。第1回 日本クラリネット・コンクール入賞。1985年 第35回ミュンヘン国際コンクール木管五重奏部門でファイナリスト。1988年 欧日音楽講座にて初のビュッフェ・クランポン賞を与えられる。第2回 日本クラリネット・コンクール入賞。1990年 NHK交響楽団に入団し現在に至る。東京クラリネット・アンサンブル団員。
武蔵野音楽大学非常勤講師。
 


◇山根孝司       Takashi Yamane       < クラリネット4 >
国立音楽大学、ベルギー王立フランダース音楽院、リエージュ音楽院で学ぶ。ブリュッセルのイクトゥス・アンサンブル、パリのアンサンブル・アルテルナンスを経て現在はNHK交響楽団のクラリネット奏者。
 
 
 
  


◇水野伸行      Nobuyuki  Mizuno     <ホルン1>   ★
1970~75年ドイツ・デトモルト音楽大学に学ぶ。1973年ドイツ・ホッホシューレ・コンクール、ホルン部門第2位。1990年第4回グローバル音楽奨励賞授賞。1975~80年アーヘン市立歌劇場Orch.、1980~2003年バンベルク交響楽団、ともに首席ホルン奏者を務める。サイトウ・キネン Orch.、水戸室内 Orch.で長年に亘りトップ奏者として活躍。
2003年、33年間のドイツ生活に終止符を打ち、本拠地を東京に移す。帰国後は演奏活動の傍ら、東京音楽大学、東京藝術大学、沖縄県立芸術大学で後進の指導にあたる。
谷中甚作、M.ツィラー、M.ヘルツェル、P.ダム、H.バウマンの諸氏に師事。
現在は東京音楽大学教授。


◇猶井正幸         Masayuki  Naoi          <ホルン2>
桐朋学園大学で学ぶ。1973年東京交響楽団に入団の後‘75年ドイツ国立ケルン音楽大学に留学。‘77年よりニーダーライン交響楽団、ビーレフェルト・フィルハーモニーオーケストラを経て‘81年からボン・ベートーヴェンハレ管弦楽団のホルン奏者を勤める。
‘88年の帰国を機に‘99年まで大阪フィルハーモニー交響楽団の首席ホルン奏者を勤め、現在桐朋学園大学教授として後進の指導にあたる。
また、サイトウ・キネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団,などのメンバーとして活動を続けている。
 


◇佐藤由起          Yuki  Sato             < ファゴット1 > ★
桐朋学園大学卒業、シドニー大学大学院修士課程修了。これまでに、浅野高瑛、武井俊樹、吉田將、マシュー・ウィルキーの各氏に師事。大学院在学中にシドニー交響楽団契約団員として活動。PMF2006、2007、宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等に参加。スイス・ツェルマット・フェスティバル招待参加。第21回日本管打楽器コンクール第2位入賞。NHK交響楽団ファゴット奏者。洗足学園音楽大学、東京芸術大学室内楽非常勤講師。
 
 


◇柿沼 麻美       Asami Kakinuma      < ファゴット2 >
東京藝術大学を経て同大学大学院修士課程を修了。
第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位、第26回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位、第13回東京音楽コンクール木管部門第3位入賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。これまでにファゴットを吉澤真一、坂田在世、水谷上総、岡崎耕治、岡本正之、吉田將の各氏に師事。現在、千葉交響楽団ファゴット奏者。
 


◇今野 京         Takashi  Konno     <コントラバス> ★
NHK交響楽団奏者。東京音楽大学卒業。’92年文化庁芸術家在外研修員として、ベルギー王立アントワープ音楽院に留学、フランス弓奏法の研究をする。’93年最高位で同音楽院修了後はイタリアに渡り、キジアーナ音楽院(シエナ)にてディプロマ・ディ・メリト賞受賞。ベルギー、オランダで活躍したのち、帰国後は古楽器演奏にも精力的で、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等に参加。これまでに故・小野崎充、エティエンヌ・ジーベンス(ベルギー)、フランコ・ペトラッキ(イタリア)、フランソワ・ラバト(フランス)各氏に師事。洗足学園音楽大学非常勤講師。

★マスタークラス講師  
【演奏者 プロフィール
  

◇甲斐雅之   Masayuki Kai         <フルート>  ★
東京芸術大学を経て同大学院修了。オーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院にて研鑚を積む。藤原勢子、三村園子、峰岸壮一、金昌国、中野富雄、P.マイゼン、M.コフラー各氏に師事。第61回日本音楽コンクール入選。オーケストラ活動のみならずソロや室内楽で活躍する他、各地の音楽祭などにも参加する。
東京音楽大学講師。アジアフルート連盟理事。NHK交響楽団首席フルート奏者。
  


◇青山聖樹    Satoki Aoyama       < オーボエ1 > ★
NHK交響楽団首席奏者、元フィルハーモニア・フンガリカ首席/新日本フィル首席奏者
幼児よりドイツで育つ。シュトウットガルト音大卒業。インゴ・ゴリツキー、北島章、小島葉子各氏にに師事。日本ではアンサンブルofトウキョウのソロ・オーボエ奏者として活躍する他、多数の音楽祭に出演。ソリストとしてフィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィル、KBS交響楽団、ソフィア・フィル等と協演。
アンサンブル of トウキョウ代表。武蔵野音楽大学教授。
  


 

◇和久井 仁    Hitoshi Wakui      < オーボエ2 >
オーボエを故似鳥健彦氏に師事し、1989年東京芸術大学入学。同校ではオーボエを小島葉子、小畑善昭の両氏に、また室内楽を故H・ピュイグ・ロジェ、中川良平、山本正治の各氏に師事。同大学を卒業後、東京佼成ウインドオーケストラに入団しオーボエ奏者とアシスタントコンサートマスター務めた。2001年4月からは愛知県立芸術大学音楽学部の専任講師として勤務した後、2004年4月にNHK交響楽団へ入団し、オーボエ&イングリッシュホルン奏者を務めている。
現在、東京芸術大学、桐朋音楽大学オーケストラアカデミーの非常勤講師。東京三鷹フィルハモニアのメンバーも兼任。
 


◇松本健司   Kenji Matsumoto    < クラリネット1 >   ★
国立音楽大学を経てパリ国立高等音楽院クラリネット科に入学。1997年にレオン・ルブラン特別賞を得て同音楽院を卒業し本格的な演奏活動を始める。国内外のコンクールにおいて上位入賞し2002年にNHK交響楽団に入団。現在、首席クラリネット奏者として活躍する他、国立音楽大学、洗足学園音楽大学、東京音楽大学において後進の指導にあたっている。 
 


◇濱崎由紀   Yuki  Hamasaki        < クラリネット2 >  ★
東京芸術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学を卒業。同大学院修了。在学中、安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞。水戸室内管弦楽団、宮崎国際音楽祭、サイトウキネンフェスティバル等に出演。2002年第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門第3位。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師、芸大フィルハーモニア管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、クインテットアッシュのクラリネット奏者。 
 


◇加藤明久        Akihisa Kato           < クラリネット3 >
1979年 国立音楽大学器楽学科に入学。クラリネットを大橋幸夫、浜中浩一の両氏に師事。在学中に東京クラリネット・アンサンブルに参加し、プロ活動を開始。1983年 国立音楽大学卒業。矢田部賞を受賞。第16回 民音室内楽コンクール第1位入賞。第1回 日本クラリネット・コンクール入賞。1985年 第35回ミュンヘン国際コンクール木管五重奏部門でファイナリスト。1988年 欧日音楽講座にて初のビュッフェ・クランポン賞を与えられる。第2回 日本クラリネット・コンクール入賞。1990年 NHK交響楽団に入団し現在に至る。東京クラリネット・アンサンブル団員。
武蔵野音楽大学非常勤講師。
 


◇山根孝司       Takashi Yamane       < クラリネット4 >
国立音楽大学、ベルギー王立フランダース音楽院、リエージュ音楽院で学ぶ。ブリュッセルのイクトゥス・アンサンブル、パリのアンサンブル・アルテルナンスを経て現在はNHK交響楽団のクラリネット奏者。
 


◇水野伸行      Nobuyuki  Mizuno     <ホルン1>   ★
1970~75年ドイツ・デトモルト音楽大学に学ぶ。1973年ドイツ・ホッホシューレ・コンクール、ホルン部門第2位。1990年第4回グローバル音楽奨励賞授賞。1975~80年アーヘン市立歌劇場Orch.、1980~2003年バンベルク交響楽団、ともに首席ホルン奏者を務める。サイトウ・キネン Orch.、水戸室内 Orch.で長年に亘りトップ奏者として活躍。
2003年、33年間のドイツ生活に終止符を打ち、本拠地を東京に移す。帰国後は演奏活動の傍ら、東京音楽大学、東京藝術大学、沖縄県立芸術大学で後進の指導にあたる。
谷中甚作、M.ツィラー、M.ヘルツェル、P.ダム、H.バウマンの諸氏に師事。
現在は東京音楽大学教授。
 


◇猶井正幸         Masayuki  Naoi          <ホルン2>
桐朋学園大学で学ぶ。1973年東京交響楽団に入団の後‘75年ドイツ国立ケルン音楽大学に留学。‘77年よりニーダーライン交響楽団、ビーレフェルト・フィルハーモニーオーケストラを経て‘81年からボン・ベートーヴェンハレ管弦楽団のホルン奏者を勤める。
‘88年の帰国を機に‘99年まで大阪フィルハーモニー交響楽団の首席ホルン奏者を勤め、現在桐朋学園大学教授として後進の指導にあたる。
また、サイトウ・キネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団,などのメンバーとして活動を続けている。
 


◇佐藤由起          Yuki  Sato             < ファゴット1 > ★
桐朋学園大学卒業、シドニー大学大学院修士課程修了。これまでに、浅野高瑛、武井俊樹、吉田將、マシュー・ウィルキーの各氏に師事。大学院在学中にシドニー交響楽団契約団員として活動。PMF2006、2007、宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等に参加。スイス・ツェルマット・フェスティバル招待参加。第21回日本管打楽器コンクール第2位入賞。NHK交響楽団ファゴット奏者。洗足学園音楽大学、東京芸術大学室内楽非常勤講師。 
 


◇柿沼 麻美       Asami Kakinuma      < ファゴット2 >
東京藝術大学を経て同大学大学院修士課程を修了。
第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位、第26回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位、第13回東京音楽コンクール木管部門第3位入賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。これまでにファゴットを吉澤真一、坂田在世、水谷上総、岡崎耕治、岡本正之、吉田將の各氏に師事。現在、千葉交響楽団ファゴット奏者。
 


◇今野 京         Takashi  Konno     <コントラバス> ★
NHK交響楽団奏者。東京音楽大学卒業。’92年文化庁芸術家在外研修員として、ベルギー王立アントワープ音楽院に留学、フランス弓奏法の研究をする。’93年最高位で同音楽院修了後はイタリアに渡り、キジアーナ音楽院(シエナ)にてディプロマ・ディ・メリト賞受賞。ベルギー、オランダで活躍したのち、帰国後は古楽器演奏にも精力的で、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等に参加。これまでに故・小野崎充、エティエンヌ・ジーベンス(ベルギー)、フランコ・ペトラッキ(イタリア)、フランソワ・ラバト(フランス)各氏に師事。洗足学園音楽大学非常勤講師。


★マスタークラス講